急いでいる時に限って電車遅延するよね

ダイエット・筋トレ・仕事・PC・電車遅延による遅刻

【ダイエット】の僕が今持っている必需品とこれから個人的に欲しいアイテム

 減量中の僕の必需品と個人的に欲しい(と思っている)アイテムリスト

 

どうも tecchankun だす。

 

絶賛減量中の僕ですが、今減量中で【これは欠かせない】という必需品と、今後も減量するにあたって【これは欲しいなぁ】という欲しい物を紹介したいと思ってる次第です・・・・うん、まぁ聞いてってよ。

目次

 

 

 持っている必需品

可変ダンベ

f:id:tecchankun:20200703141057j:plain

これはもう、絶対に手放せません。
※実際は画像のものより全然チープなヤツです。
やはり、鍛えたい部位によって扱える重量は全然違います!
この可変というところが相当大事な部分です。
あまり場所も取りませんし、重宝しております。

アブローラー(腹筋ローラー)

 f:id:tecchankun:20200703141229j:plain

残念ながらダンベルでは腹筋が鍛えられません( ;∀;)
種目として、無くはないのですが別の部位にも負荷がかかる種目が多くて腹筋に刺激が入る前に別の部位がバテてしまう事が多いかもしれません。

その点アブローラーはちゃんと意識さえすれば、腹筋に一番負荷がかかるトレーニングが可能になります。
ただ、一部で「アブローラーは効果が無い」と言っているかたも居るようですね(笑)
それはそれで良いんではないでしょうか(*‘∀‘)
あくまで僕は実体験で必要と判断してますので。

プッシュアップバー

f:id:tecchankun:20200703141331j:plain

 主に腕立てする器具ですね。
プッシュアップには三頭筋に効かせたい時と大胸筋に効かせたい時で少しやり方が違います。細かいやり方はググったら出てきますので気になる方はお調べくだせぇ(笑)

可変ダンベルでも三頭筋・大胸筋のトレーニングは可能なのですが、なぜプッシュアップバーが必要なのかと言うと・・・特に大胸筋トレーニングにおいて最大限可動域の確保をしたいからです。
仰向けに床に寝転んでダンベルチェストプレスしても、肘はもちろん肩甲骨より下にはさがりませんです。だって床だもん(*‘∀‘)

プッシュアップバーを使って可能な限りまで胸を落とすことが出来れば、可動域はかなり増えます。この【可動域】は筋トレにおいてはかなり重要な要素です。


 これから欲しいものたち

レーニングベンチ

f:id:tecchankun:20200703152724j:plain

 ベンチがあればやれる種目というか狙える部位が増えます。
特に僕が欲しいと思っている理由としては、先ほどのダンベルプレスの最大可動域が確保できる点と、角度を付けてインクライン胸の上部を狙いたいと思っている点が理由として強いかと思います。
現在、家の場所を占有してしまう点で嫁ちゃんに渋られております・・・(涙)
そしてこれを買ったらきっとプッシュアップバーの出番は極端に減るでしょうね。

プロテイン

f:id:tecchankun:20200703155309j:plain

ここまで色々トレーニングについて語ってても、実は僕、今までプロテインって買った事ないんです(笑)
というかサプリ系全然買ってません。
やっぱ少々値段が張るものなので、貧乏人はどうしても臆してしまいます( ;∀;)
ただ、前回の(糖質制限且つ有酸素がっつり)ダイエットと違って今回は特に筋トレメインでやってますので、簡単に摂取出来て吸収率の良いプロテインは欲しくなっちゃいますね。たぶんいつか買います。たぶん

BCAA

f:id:tecchankun:20200703181947j:plain

プロテインに続きサプリメント系を。
食事制限を平行してやっている関係上、力不足に陥ったり筋力の回復が遅かったりする点を補ってくれるもの。欲しいっスよね。
ただ、BCAAは自律神経を強制的に「交感神経の活動状態」にする作用があるみたいで、時たま不眠症が発症する自分にはもしかしたら"向いてないかも"。
あと、これまた値段がねぇ・・・(*´Д`)

ジムの会員証(飛び道具w)

今持っているもの、これから欲しいものすべてをにする飛び道具。
言わずもがな、先ほどの諸々(サプリ以外)をすべて網羅してくれちゃいます(笑)

 

 

こんなところです!

 

まぁ、最後のはネタとしても・・・これらがあれば、減量はかなり捗ると思います。

前にも記事にしましたが、「これらがあるからダイエットが可能になる」のでは無く、これらを継続的に使うからダイエットが成功するので購入して満足はダメなのです。
当たり前の話ですが~ね。
あくまでもこれらは効率的にしてくれるツールに過ぎません。なんてったって、無くてもダイエットは可能性なのですから。

 

では、皆さんも良きダイエットライフを!!